英国車ミニ・ロータス・スーパーセブンことなら中古車販売から車検、修理・メンテナンスまで何でもご相談ください!

  • 車 検・メンテナンス
  • 修 理・チューニング
  • 店舗案内・ファクトリー
  • 会社案内
  • パーツ販売オンラインショップ

ブリティッシュ・ライトウエイト・スポーツカー「中古車販売専門店」ミニ・ロータス・スーパーセブン・MG・ジネットなど英国車両の中古車販売、委託販売はアールスコートにお任せ下さい。オイル交換で充実・安心の26項目無料点検実施中

お客様に安心・安全へ充実サービス!!「アールスコート3つの安心!」充実納車点検で安心!「中古車販売!」安価で安心!車検!ご購入後もまかせて安心!「修理・メンテナンス!」

ミニの修復事例

ミニ 上部ステディロッド・ボディー側ステーの修復

エンジンは振動により常に揺れています。
ミニの場合、エンジンとミッションが2階建という構造上、特に前後の揺れが顕著。
それを抑制するのが、エンジンの上下にブッシュを介してボディと連結された引っ張り棒(ステディロッド)ですが、そのかなめの部分のロッドやブッシュをいくら強化したところで根元のステーが折れてしまえばもう大変! 
エンジンの揺れが大きくなる事で関連のミッション、クラッチ、エキゾースト、電気配線等にも致命的な影響を及ぼしてしまいます。

STEP.1マスタープレート部の修復
ロッドをはさんだ上のマスタープレートは構造上、お皿型なのでブレーキオイルの漏れにより腐食し、折れてしまいます。 その影響か、ロッドをはさんだ上のマスタープレートまでも、 ごらんの通り。(右写真) このパーツ自体は安価ゆえ取り替えてしまうのも手ですが、 今回は強化も含め、修復しました。
【工程】サンドブラストによる錆取り→板金→溶接 →バリ取り→塗装→完了
STEP.2ボディ側の修復
本題のボディ側ステーは一般的に溶接で直します。 念のため、周りの塗装を剥いでみたら、案の定、ボディパネルもご覧の様に錆が進行していました。
STEP.3完成
パネルをサビ処理した上でペイントすれば、あとは元の通りロッド、ブッシュを取りつけ、リペアー完了です。
参考修理費用 工賃基本価格(税抜)
マスター脱着、防錆塗装込 30,000円〜

※ご意見、ご要望、ご質問などは こちら へ

ページトップに戻る↑