広島 安佐南区 ミニ(MINI) ロータス スーパーセブンの修理 車検 整備なら アールスコート

ブレーキマスターシリンダー オーバーホール

アールスコート 連絡先
サイトメニュー

インフォメーション

ショップ新着商品

2000年式ミニクーパー1.3iサーフブルー

新入庫!

Earls Courtフォトログ


営業日カレンダー


-天気予報コム- -FC2-

ブレーキマスターシリンダー オーバーホール

油圧で作動しているブレーキやクラッチなどは、
オイル漏れを起こすと次第にエアを噛み、
油圧の伝達が無くなる事で、
最悪事故につながる重要な部分です。
今回は油圧伝達の要となるマスターシリンダーを
オーバーホールしてみましょう。

モデルはロータス スーパーセブン SrII
写真中央、2本並んでいるのがマスターシリンダー。
写真左がブレーキ、右がクラッチ。
今回はブレーキマスターシリンダーのみ、
オーバーホールします。
まずはブレーキラインからオイルを抜き取ります。
今回は右前輪から抜きました。
マスターシリンダーからオイルを抜き取った図。
オイルが抜けたら油圧パイプを折らないように
気を付けて取り外し、
パイプには不純物が進入しないように栓をします。
次に本体取り付けナットを外して、
マスターシリンダーを取り出します。
マスターシリンダーを分解します。
写真はマスターシリンダーのシールキット。
本来はアッセンブリー交換が理想ですが、
シリンダー本体が傷んでないなら、
ラバーシールの交換だけでも十分です。
まずは先長のプライヤーを使って、サークリップを外し、
皿状のワッシャーとプッシュロッド
を取り外します。
次にピストンアッセンブリを取り出した後、
バルブシールを外す為、
スプリングストッパーを外し、
スプリング、バルブを分解します。

写真中央の黒い棒状のものがピストン。
リング状のものが上から新しいピストンシール、
バルブシール、
ふやけて伸びた旧いピストンシール。
全てのパーツを良く洗浄した上で
磨耗や腐食、歪みがないか点検の後、
新しいピストンシール、
バルブシールを取りつけます。
なお、シール交換の際には、
ラバーグリスの塗布をお忘れなく!
同時にシリンダー内壁の磨耗や
損傷、腐食がないかも点検しましょう。
キズや段付きがある場合、
ホーニング加工が必要になる場合もありますが、
今回は内壁の状態が良かった為、
加工は無しとしました。
後は取り外し手順の逆を行い、
組み付けて行きます。

プッシュロッドの当たり面には、
摩擦防止のグリスを塗りつけておきましょう。
半ば組みあがったマスターシリンダー。
後はダストブーツ(写真中央)を取りつけて完成です。

写真右上はシールに塗布したラバーグリス。
完成!
後はマスターシリンダー本体を車輛に取りつけ、
ブレーキフルードを入れた後、
各車輪のエア抜きを行えば完了です。

……のはずが!トラブル発生!!

エア抜き用のブリードネジがキャリパーに固着し
(原因はサビ)、ネジの部分を残し、
頭だけちぎれてしまいました。
これが頭だけねじ切れたブリードネジ。
さぁキャリパーに残ったネジの救出開始です。
まずはキャリパーを固定し、
ブリード部に小さな穴を開け、
逆タップをかけてみるも固着が強靭なため外れず。
無理をするとキャリパー側のネジ溝を
損傷してしまうため、ここは慎重に!
逆タップが無理なら裏技を使うしかありません。
ドリルの刃を少しずつ大きくしながら、
ブリードの穴を
ネジの薄皮1枚まで広げて行きます。
慎重にブリードネジを削って行き、苦節1時間!
やっと取り外しできました(左写真)。
キャリパーのネジ部には全く損傷なく、
ネジ救出成功です。(冷汗)
その後は新品のブリードネジを取りつけ、
キャリパーを足廻りに戻し、
エア抜きをすれば完了です。

…今回の教訓…
ブレーキ周りは特にフルードのせいで
錆びて固着し易い為、
まめなメンテナンスをお勧めします。