英国車ミニ・ロータス・スーパーセブンことなら中古車販売から車検、修理・メンテナンスまで何でもご相談ください!

  • 車 検・メンテナンス
  • 修 理・チューニング
  • 店舗案内・ファクトリー
  • 会社案内
  • パーツ販売オンラインショップ

ブリティッシュ・ライトウエイト・スポーツカー「中古車販売専門店」ミニ・ロータス・スーパーセブン・MG・ジネットなど英国車両の中古車販売、委託販売はアールスコートにお任せ下さい。オイル交換で充実・安心の26項目無料点検実施中

お客様に安心・安全へ充実サービス!!「アールスコート3つの安心!」充実納車点検で安心!「中古車販売!」安価で安心!車検!ご購入後もまかせて安心!「修理・メンテナンス!」
点火プラグの焼け方について
点火プラグの焼け方について
車種’67年 ロータスエランS3
Ques No.154 全く問題なく乗り回せるのですが、点火プラグがカーボンで覆われてしまいます。アフター/バックファイヤーは起きていません。NGKプラグを7番から5番まで試しましたが変化はないようです。何が原因として考えられるでしょうか。 よろしくお願いいたします。
ジャンル:
ロータス
回答
Ans No.154 キャブのミクスチャーが濃いのでは。
メイン、エアー、アイドル、ポンプジェットの各番手を教えて下さい。
もう一つポイント点火式でしたら、ポイントギャップを0、3mmに再調整して下さい。
参考URL

質問一覧に戻る


※ご意見、ご要望、ご質問などは こちら へ

ページトップに戻る↑