英国車ミニ・ロータス・スーパーセブンことなら中古車販売から車検、修理・メンテナンスまで何でもご相談ください!

  • 車 検・メンテナンス
  • 修 理・チューニング
  • 店舗案内・ファクトリー
  • 会社案内
  • パーツ販売オンラインショップ

ブリティッシュ・ライトウエイト・スポーツカー「中古車販売専門店」ミニ・ロータス・スーパーセブン・MG・ジネットなど英国車両の中古車販売、委託販売はアールスコートにお任せ下さい。オイル交換で充実・安心の26項目無料点検実施中

お客様に安心・安全へ充実サービス!!「アールスコート3つの安心!」充実納車点検で安心!「中古車販売!」安価で安心!車検!ご購入後もまかせて安心!「修理・メンテナンス!」
センサーとパイピングについて
センサーとパイピングについて
車種ミニ
Ques No.114 昨日バキュームパイプ交換しました.その時インテークよりサーマックバルブまでのホースが付いて無かったのですが(多分暫く前から)これって無くても良いのですか?あと教えて頂きたい事を書きますのでお願いします.
1.吸気温度センサーを暖めて行くと抵抗値が0に近くなる(0.5オーム位)でよいですか(室温で2.6Kオーム位です)
2.スロットルボデー真下にオスコネクターがあり近くにメス付の配線が垂れ下がって(抜けていた)いましたが.そこに差し込んで良いか又それは何でしょうか?.
ジャンル:
ミニ
回答
Ans No.114 サーマックバルブは接続して下さい。(接続しないとアイドルが異常に上がるか不安定では?)
吸気温度センサーの抵抗値は下がる方向でOKです。
スロットルボデー真下のオスコネクターはPTCヒーターと言い、冷間時のチョーク制御をしてますので、必ず接続して下さい。
現状で普通にエンジンが回ってるとすれば、ECUの誤動作等、何らかの不具合が考えられますので、テスターを持つ工場で、初期化の設定をして下さい。
よろしくお願いします。
参考URL

質問一覧に戻る


※ご意見、ご要望、ご質問などは こちら へ

ページトップに戻る↑