広島 安佐南区 ミニ(MINI) ロータス スーパーセブンの修理 車検 整備なら アールスコート

フロントグリルのビス穴の広がりについて / サンバイザーの垂れ下がり

アールスコート 連絡先
サイトメニュー

インフォメーション

ショップ新着商品

2000年式ミニクーパー1.3iサーフブルー

新入庫!

Earls Courtフォトログ


営業日カレンダー


-天気予報コム- -FC2-

フロントグリルのビス穴の広がりについて / サンバイザーの垂れ下がり

フロントグリルのビス穴の広がりについて / サンバイザーの垂れ下がり
車種’95年 ミニ メイフェア
Ques No.217 2点教えて下さい。
ひとつはグリルを何度も外していると鉄板ビスの為ネジが効かなくなってきます。 どのように対処されてるでしょうか?
2点目は細かい話ですが、サンバイザーがやや垂れ気味になるのを改善する手立ては無いでしょうか?
ジャンル:
ミニ
回答
Ans No.217 ご質問2点の件、グリルは脱着の頻度が多い場合は、「グリルボタン」を使って、固定するのが良いかと思います。
部分的にネジ止めが必要な場合は、広がった穴を丸やすりで磨き、サビ処理をした後、ナットリベットを打って、ボルト止めが出来るように対策しています。
サンバイザーの垂れ下がりは調整しろがないため、シリコンを注入して強制的に動きを渋くする裏ワザはあるものの、基本的には別の物に交換します。
純正の新品は高価ですので、ヴァルタン製アクリルサンバイザーか高年式のユーズドを選びます。
ちなみにユーズドバイザーが近日、数枚入荷の予定がありますので、入り次第、ご連絡いたします。
参考URL