広島 安佐南区 ミニ(MINI) ロータス スーパーセブンの修理 車検 整備なら アールスコート

エンジン始動時の不具合の件 2 ECUバキュームパイプ

アールスコート 連絡先
サイトメニュー

インフォメーション

ショップ新着商品

2000年式ミニクーパー1.3iサーフブルー

新入庫!

Earls Courtフォトログ


営業日カレンダー


-天気予報コム- -FC2-

エンジン始動時の不具合の件 2 ECUバキュームパイプ

エンジン始動時の不具合の件 2 ECUバキュームパイプ
車種’95年ローバーMINIクーパー1.3i
Ques No.214 質問は、デスビ内のコンデンサ(があることを知りませんでしたが)ではなく、コイルの横についていて、直接コイルの端子の一箇所に繋がっているものでした。
Q&A集にも掲載されていた「ECU バキュームパイプセット」の変更の方が直る可能性が高そうですね。
本日、エンジンルームのインジェクションの裏あたりからECUに繋がっている数mmのパイプをさわったら、インジェクション側でプラスティック部分が折れてました。 これが「ECU バキュームパイプセット」というものでしたら見積もりをお願いしたく。
ジャンル:
ミニ
回答
Ans No.214 「ECU バキュームパイプセット」の件、ジョイントが折れているそうで、そこが原因の一つで間違いないでしょう。
ECUバキュームパイプセットとは、スロットルボディ下のインテークマニホールド後側に有る2本のジョイントを起点とし、向かって左側は 「マニホールド〜フューエルトラップ(マッチ箱大のオイルキャッチタンク)」  「フューエルトラップ」 「フューエルトラップ〜ECU(コンピューター)下側」へ繋がる。
向かって右側は 「マニホールド〜エアクリーナーボックス内のサーマックセンサー」へ繋がる。
以上4点のパーツがECUバキュームパイプセットです。
スロットルの開度で発生するバキューム(負圧空気)の強弱をECUが感知しエンジンの燃料量、点火時期などを制御している為 ジョイントが折れて二時空気を吸ったり、パイプが詰まって空気が遮断した場合 ECUに誤動作が生じ、エンジンのアイドリング、吹き上がり等に不調を来します。
最悪の場合、ECUやエンジンを壊す可能性もあるため、定期的な交換をお勧めします。
また、コイル横のコンデンサーは主にノイズ防止用のパーツですのでエンジンの調子に直接の関係はないようです。
《お見積もり》
ECUバキュームパイプ4点セット   4200円
参考URL