広島 安佐南区 ミニ(MINI) ロータス スーパーセブンの修理 車検 整備なら アールスコート

ブレーキの不具合

アールスコート 連絡先
サイトメニュー

インフォメーション

ショップ新着商品

2000年式ミニクーパー1.3iサーフブルー

新入庫!

Earls Courtフォトログ


営業日カレンダー


-天気予報コム- -FC2-

ブレーキの不具合

ブレーキの不具合
車種ミニ エステート
Ques No.20 横須賀でミニクラブマンエステート・80年式を週末のちょい乗り程度に使用しています。
今年、購入時からブレーキのタッチに不調を感じています。アドバイスよろしくお願いいたします。
症状:ブレーキが効きはじめるまでのストロークが大きい、ポンピングするとストロークが短くなる・・
0. ブレーキクリアランス調整後も変化なし
1. ブレーキフルードは減ることなし
2. ブレーキホイールシリンダーからのオイル漏れは無し
3. エア抜きしても症状かわらず。ただし、エア抜き時、左後ブレーキのフルードの出が悪い
ブレーキサーボのついていないマスターシリンダです。ヘインズマニュアルによるとタイプ2のようです。
よろしくお願いいたします。
ジャンル:
ミニ
回答
Ans No.20 ブレーキタッチの件、症状を詳しく書いて頂き助かりました。
まず、マスターシリンダーの状態はいかがでしょうか。古いものであれば交換して下さい。
カップキットのみ交換という手もありますが、シリンダーの内面やプッシュロッドのボール部などにキズや磨耗によるガタが考えられる為、思いきってアッセンブリーの交換をおすすめします。
次にブレーキホースが古く、柔らかくなっていれば、ホースが膨らみ、最初のストロークが抜けた様なタッチになることがあります。
左後ブレーキのフルードの出については、付近のパイプの詰まりか、ホイールシリンダーとピストンがサビて固着しストロークしていないのではないでしょうか。
もし固着していればこれもオーバーホールではなく、アッセンブリーで交換してください。
上記を確認された後、再度シューのクリアランス調整とエア抜きをし、様子を見て下さい。
参考URL