広島 安佐南区 ミニ(MINI) ロータス スーパーセブンの修理 車検 整備なら アールスコート

ミニATの変速時の不具合 その1

アールスコート 連絡先
サイトメニュー

インフォメーション

ショップ新着商品

2000年式ミニクーパー1.3iサーフブルー

新入庫!

Earls Courtフォトログ


営業日カレンダー


-天気予報コム- -FC2-

ミニATの変速時の不具合 その1

ミニATの変速時の不具合 その1
車種’97年 ミニメイフェアAT
Ques No.198 ギアチェンジの際、エンジンの回転数が急に上がる感じで「ビビビ」?と若干高めの異音がしてシフトアップされます。
平地では3→4速時に、上り坂などでは坂道発進時やキックダウン時にその症状が出ます。
何が原因なのか、またどの様な対策をしたら良いのでしょうか…?
最近施工した内容は下記の通りです。
・エンジンオイル(モチュール5100)&エレメント交換
・ステディロットのブッシュの交換とボディ側ブラケット損傷の為、溶接処理。
・エンジン振れ止めキット(追加ロッド)取り付け。
ジャンル:
ミニ
回答
Ans No.198 文章と施工内容から察しますに、変則ショックが大きくクラッチが滑る様な症状でしょうか。
ATの変速トラブルは、まずオイル。量(規定6リッター)や汚れ(エレメントを含む) グレード(規定10W−30〜10W−40)
次に各ギアのフリクションバンドとクラッチプレートの摩擦材の磨耗、各ギアの消耗、トルクコンバーターの故障等が考えられますが今回の不具合だけに限定すると「ビビビ異音」はトルクコンバーター・フィードパイプバルブの故障。
「3→4速時の症状」はトップ/リバース・クラッチフィードパイプとガバナーハウジング間の圧力抜け(パイプの損傷)が考えられます。
2点共、専門知識と設備が必要ですので、お近くの専門ショップにご相談の上、修理、交換を行って下さい。
参考URL