広島 安佐南区 ミニ(MINI) ロータス スーパーセブンの修理 車検 整備なら アールスコート

ツーリング報告/呉

アールスコート 連絡先
サイトメニュー

インフォメーション

ショップ新着商品

2000年式ミニクーパー1.3iサーフブルー

新入庫!

Earls Courtフォトログ


営業日カレンダー


-天気予報コム- -FC2-

The 10th anniversary touring of EARL'S COURT

岡アニキの青春の思い出をたどる旅in呉(くれ)

H17年5月15日(日) 天候:晴れ

創立10周年を記念して、クラブメンバーと共にツーリングを行いました。

「メンバーの思い出をたどる・・・」をテーマに行うのが、いつものパターンですが、

今回の行き先は呉市。大和ミュージアムで今、 熱い街です。

呉といえば、「フェラーリの岡アニキ」こと岡脇さんの地元ということで、

スーパーバイザー役をかってもらいました。

同時にアニキの青春グラフティも覗いて見ましょう。

そんじゃ、クラブ・アールス デッパツ!


スナップショット集
広島市街の風景です時間調整の一時停車グリーンのTシャツを着た
あやしそうな人が、岡アニキです

天気が良いと
瀬戸内海がとてもきれいです

呉市に突入アサイちゃんとロッキーこと
景子ちゃんのサーフミニ

呉市は戦艦大和が製造された町
造船所や街並みは
今でもなごりが残っています


二番目の立ち寄り先は、
音戸パーキング(通称オンパー)
呉と音戸を結ぶ音戸大橋のたもとにある

オンパーは、呉の若者なら
必ず立ち寄った事のある
言わば「溜まり場」的場所である
岡アニキのフェラーリ328GTS
その昔、ここで
現在の奥様にプロポーズしたらしい

浅井ちゃんが後ろでV字開脚左から節ちゃん、ミキティー、久美ちゃん
いつも当店を盛り上げてくれる
ファミリー会員です
おーいロッキー、どこ行った〜

ニューメンバー「チキドン」へ、
ステッカーの贈呈式です。
右側の赤い人が「チキドン」
ステッカーを貼っている、
今にも倒れそうな人が私です。

オンパーの更に上にある展望台
岡アニキはかつてここで
どんな愛を語ったのでしょう

山頂で参加者ずらり


フェラーリが輝いています




瀬戸内海をみおろして
当日は晴れでしたが、
空気がもう少しすんでれば四国がみえます
市街より海側には造船所が望める

左側は、呉市広町。黒瀬川を望めます

山頂にある休憩所
この日もアニキは愛を語っていました
どこでも語りますな、この人は

全体写真
車12台、大型バイク1台、19名の参加でした

休山山頂から下りのバトルです
中にはフェードを起こしたミニも

市街地近くに戻って来ました
石畳のような道がレトロです
次の行き先は本日のメインイベント
「大和ミュージアム」です

大和ミュージアム
大和ミュージアム到着
玄関前には人の集まれる広い場所がある
銅像の「海の守り神、ネプチューン」は
新たなデートの待ち合わせ場所にもなりそう
エントランスをくぐると、
いきなり巨大な大和に出会える
10分の1 戦艦「大和」(全長26.3m)

人間魚雷「回転」
一人乗りとはいうものの、
あまりにも小さい
こんな中に一人潜望鏡を頼りに
特攻して行った兵士達を思うと
本当に胸が痛む
来場者は若者よりもむしろ
年配の方々が多く見られたが、
数多くの資料を目の当たりにしながら
あちらこちらでしくしく泣く声が
聞こえていたのが、印象的だった

世界一の機動力を持つと言われた「ゼロ戦」も
時代が進むと共にその性能も薄れ
最後は「特攻」に頼らざるを得なかった

閉館ぎりぎりまで
ミュージアムを満喫した後は
呉市広町へ移動
みんな腹ペコです

最後に連れて行ってもらったのは
紅茶のおいしい♪ならぬ、
カレーのおいしい喫茶店
「ホワイトハウス」
旧き良き時代の喫茶店、
という感じで
若き日の岡アニキはここでお砂糖は何杯
・・・なんていいながら、
コーヒーカップまで
スプーンを震わせていたのでしょうか
お店にはなぜか和風の中庭があり
池に鯉が泳いでいるんです。

「風流だねー」と聞くと
岡アニキが答えました
「そうだね〜、
でもマスターが言ってたけれど、
ここの鯉は目が見えないらしいよ。」
その落ちは?
「恋は盲目って言うでしょ〜」
そんじゃあ、気をつけて帰ろう
クラブ アールス撤収!

岡アニキの青春の思い出をたどる旅in呉(くれ)は、アニキの青春を垣間見ることが出来ました。

そして 10周年ツーリングも大きな隊列の乱れも無く全員無事走りきることができました。

この小旅行がメンバーの新しい思い出の記憶に残れば幸いです。

次回のツーリング予定は今のところ未定ですが、誰の「思い出をたどる・・・」になるのか今から楽しみです。

またアールスコート、クラブ・アールス共にこれから15周年、20周年を迎えられますよう、邁進して参りますので、今後共よろしくお願い申し上げます。

「by PURPLE HIGHWAY OF ANGEELS」

〜10周年のごあいさつ〜

'05年5月をもちまして、有限会社アールスコートは創業10周年を迎えました。

これもひとえにお客様、取引業者様のおかげと感謝致します。

思えば右も左も分からぬ私(徳川)が、'95年に10坪の2階建て倉庫物件をお借りし、始めたショップは皆様の温かなお言葉や励まし、時にはおしかりを頂きながら、今日まで継続する事が出来ました。

また、経営にあたり、私一人で判断できず思い悩んだ時期には、多くの諸先輩方の助言を頂き乗り越えて参りました。

そして、'00年から始めたインターネット事業も、良きブレーンに恵まれ、全国からのお問合せやネット販売も好調、更新やメールの返答に深夜遅くまでと言う状況です。

さらに、'03年には全国ミニスペシャルショップ日本最大のネットワーク「JMSA」に広島県では唯一のショップとして加盟させて頂き、技術・ニュース・販売テクの情報を頂く事はもとより、ミニを残していく為の新製品開発、販売、ディスカッションに微力ながら参加させていただいている次第です。

さらにさらに'04年には念願の「クラブアールスコート」を発足。

手探りのスタートでしたが、ツーリングやイベントを重ねるごとにメンバーの成長すばらしく、今後の活動が本当に楽しみです。

但し、(ここからはカミングアウトです。)これまで若い若いと普通に思っていた私も厄年を迎えたせいか、若干の体調不良が連続し、現在数件のお医者様にお世話になっている所です。

ですが、これも経験の一つとし、まとめて通院中ですので、この際一気に治してもらいます。 (皆様には何かと御迷惑をお掛けしますが)

同時にこれまで、先輩方に教えて頂いた事と同様に、後継者育てにも力を入れて行こうと考えております。

それに、レース界でももう一暴れしなくては(笑い!)

以上、自分勝手に書き連ねましたが、今の私の素直な見解です。

これからも、チッポケなお店とこんなトクちゃんですが、全国のファンを大事にしつつ、これからも邁進してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

(有)アールスコート 代表 徳川孝之